【2次対策(中国語)】2022年秋期2次試験(実技)対策講座

2次試験(実技)対策講座(中国語)

【(1)ロールプレイ集中講座】 

日本医療通訳協会検定試験の2次試験の準備のための講座です。

**秋葉原教室で開催しますが、オンラインでも同時にご参加いただけます。**
なお、緊急事態宣言発令中は、オンラインでの開催となります。

2020年秋の試験から日本医療通訳協会からテーマ疾患が発表されなくなりました。

【講座の特長】
テーマ疾患が発表されないことに対応しています。
1,厚労省テキスト単語集「病名」にある全ての疾患を網羅できる。
2,厚労省テキスト単語集に収載されているほとんどの単語が理解できているか再確認できる。
3,呼吸器・消化器など各器官で、でてきそうな症状の言い回しを練習できる。
4,通訳のスキルが高めるために長いフレーズのメモをとる練習をする。
5,各器官の疾患の総復習ができる。
6.全員の前でロールプレイを行うことで緊張感のある環境で実力発揮のための準備をする。

*ロールプレイ:受講者全員の前で本番と同じ15分間ロールプレイを行い講師からフィードバックを行います。
なお、他の受講者さんも評価シートを記入し第三者目線からのフィードバックも得られます。
ロールプレイで使用するスクリプトは一人ひとり違います。

 

【カリキュラム】

筋骨格・消化器・呼吸器・眼・耳鼻・皮膚・循環器・脳・精神・泌尿器・内分泌・小児・腫瘍

アカデミー本科卒業生、または基礎的な医療知識・医療中国語等をすでに習得されている方が対象となります。

日程:11/6、11/13、11/20、11/27(全て日曜)の計4回
時間:通訳トレーニング 10:00~16:00(1時間休憩あり)
ロールプレイ 16:00~17:00 (一人ひとりロールプレイを行います。(毎回3名ずつ))
受講人数が定員12名より少ない場合は、16時以降ロールレプレイの時間が短縮されます。

受講形式:通学
講師:尾形
なお、ロールプレイ時は中国語Native講師も担当します。
定員:最大12名(全日程申込みの方を優先させていただきます)

受講料:(一般)68,750円(定価(税込み))
(アカデミー医療通訳養成講座受講生・卒業生)55,000円(税込み)
全日程の申込者数が定員に満たない場合のみ3回以下の申込を受け付けます。(受講料はお問合せください)

備考欄に「1次試験合格した級(1級・2級)」をご記入ください。また、当校卒業生の方は、受講講座と受講時期をご記入ください。