医療通訳養成講座本科(中国語) 講座のご案内

*********************************************

【4月開講 講座のお知らせ】

★2021年4月開講 募集情報についてはこちらをクリックしてください★

★2021年6月開講 短期クラスについてはこちらをクリックしてください★

★2021年春期「2次試験対策講座」はこちらをクリックしてください★

*********************************************

これから医療通訳資格を取得する場合は、ICM認定通訳士の認定対象となる日本医療通訳協会(以下、「協会」と略す)の資格の取得をお勧めします。

「協会」の資格をとるなら国際医療通訳アカデミーにお任せください。
特に1級合格を目指す方は、1級合格者No1の国際医療通訳アカデミーで一緒に学びましょう!

訪日中国人・在日中国人の増加により、近年ますます需要の高まる中国語の医療通訳を目指す講座です。
受講生のほとんどが医療を初めて学ぶ方です。基礎からしっかり丁寧に解説いたします。

欠席された場合でも振替制度を利用したり、また振替も困難場合は授業の資料を配布し、質問を受けています。

また本校では3年前よりいち早くzoomを使ったオンライン講義を開講しており、オンライン講座に合った資料・カリキュラムを提供しております。

半年と聞くととても長く感じるかもしれませんが、医療知識ゼロの状態から医療通訳資格試験の合格を目指すには最低でも半年以上(85時間以上)の学習および予習・復習が必要ではないかと本校では考えております。

本校では過去受講生や医療通訳技能試験に合格された方のご意見を反映した資料・カリキュラムを取り入れております。
医療知識の世界は大変奥深く、非常に多くの知識・スキルの習得が必須です。経験豊富な講師陣と一緒に、105時間しっかり基礎から確実に習得していきましょう。

☆★中国語クラス おすすめポイント★☆

≪その1≫まずは医療知識!基礎から確実に習得

実際に医療現場で活躍される通訳の方より「通訳スキルも大事だが、伝えるコンテンツ(医療知識)の理解が足りない」との声を多くいただきます。
また医療関係者の方より、「通訳してもらいたい内容・医療用語を理解していない」との声もありました。

本校では、『実際の現場で使える知識・通訳スキル』習得を目指し、全体で105時間「医学知識」および「通訳スキル」を基礎知識より確実に学習していきます。

≪その2≫本校のオリジナルテキストを使用

実技ロールプレイでは本校講師が作成したオリジナルテキストを使用します。(本科用テキスト。一般には販売していません)

≪その3≫少人数制クラス

本校では毎回10名以内の少人数のクラスとなっており、特に実技クラスではお一人お一人が多く話す機会があります。
少人数だからこそ一人一人への講師からのフィードバックは的確にしっかりと受けることができます。
アットホームな雰囲気が特徴です。
10名以上となる場合は、実技クラスではアシスタント講師が入りしっかりとフィードバックを行います。

≪その4≫日本語での医療知識講義クラスもあり

初めて医療知識を学ぶ方が多いため、医療専門用語で苦戦する方も多くおります。

他校では医療知識・通訳を中国語ネイティブ講師が担当することが多いですが、

本校では「日本語で医療知識を学ぶ」「中国語で医療知識・(その他)を学ぶ」が選択できるよう中国人講師、日本人講師を採用しております。(2020年現在)

例えば日本語がまだ苦手な方は中国語でご受講いただき、日本語のリスニングを強化したい方は日本語の講座をお選びいただけます。(曜日により講師は異なる)

【期 間】 6ヶ月間(毎年4月、10月開講)。

【申込期間】開講の約3か月前より受付け開始。(※詳細はお問合せ下さい。)
★4月開講春期講座⇒1月~
★10月開講秋期講座⇒7月~

【受講日時】1日5時間。午前10時~午後4時 昼休憩1時間。

【受講総時間】105時間+修了テスト

【受講料金】290,400円、入学金0円(税込、教材費別)※早期申込み割引あり(開講1か月前までに入金)
【担当講師】日曜クラス:王 崇新、金曜クラス:大路 栄子、土曜クラス:尾形尚子、他実技講師。

■ 講座カリキュラム(例)

  • 通訳理論と技術
  • 倫理とコミュニケーション
  • 医療の基礎知識
  • 日本の医療制度に関する基礎知識
  • 医療通訳者の自己管理
  • 通訳実技演習

【割引情報】

 

「今後の開講予定の講座一覧」

まずはご見学ください!(無料)見学日の詳細はこちら